MINI THEATER MAP

ミニシアターマップ

HOME > ミニシアターマップ > 関東 > 東京都 > シネマヴェーラ渋谷

シネマヴェーラ渋谷(東京都)

「シネマヴェーラ渋谷」スタッフの思い出

この二ヶ月あまりの休館で、思い出されるのは、あの劣化フィルムの酸っぱいビネガー臭。あれは無いに越したことはない(状態が良いということなので)ものの、日常から全く消えてしまうのも少々物足りない。特に当館では、私のキャリアの中でも、これはもう上映出来ないのでは、と思われるフィルムを、修禅に修繕を重ねて上映する事が、年に何度かあり、そういったフィルムは、大抵珍しい映画だったりするわけで、私自身が見たい、という我儘を許してくれた支配人、万が一の映写トラブルの際に矢面に立ってくれた受付、修繕の苦労を共にする映写の仲間、フィルムを通してくれた映写機、そしてなにより、見にきてくれたお客様方には、ただただ感謝です。再開したら、アナログ、デジタルは関わらず、題名でしか知らなかった映画、あるいは題名すら知らなかった映画をまた上映出来たら、と、思います。
(シネマヴェーラ渋谷 映写・荒島晃宏)

「シネマヴェーラ渋谷」のココが一押し!

2~5週間で特集を組んで上映していること。監督、脚本家、俳優など様々な括りで特集を企画しています。現在のところ邦画と洋画が6:4ぐらいの割合で、ハリウッドやヨーロッパの1920~1950年代作品の特集がウリです。また、映画本の刊行記念特集も頻繁に行っており、書籍と映画の両方を楽しんでもらいたいと考えています。一昨年は「蓮實重彦セレクション 『ハリウッド映画史講義』特集」が、昨年は「生誕百年記念 異端の天才 キム・ギヨン」が大盛況でした。
 トークショーにも力を入れており、鈴木清順、羽仁進、中島貞夫、吉田喜重らの監督はもちろん、山本富士子、有馬稲子、司葉子、小山明子、加賀まりこ、梅宮辰夫、荒木一郎などの往年の大スターの方々をお呼びして当時のお話を伺っています。また神代辰巳特集では『赫い髪の女』の上映に合わせて宮下順子・石橋蓮司という主演のお二人を、芹明香特集ではご本人にご登壇いただいたりと、二度とないであろう体験を観客の皆さまに体験していただこうと頑張っています。

  • シネマヴェーラ渋谷
  • 住所
    〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5 Kinohaus 4F
  • 電話番号
    03-3461-7703
  • スクリーン数
    1
  • 席数
    142席
  • 営業時間
    10:30開場 11:00開演 終映時間は作品によって異なる
  • WEBサイト
  • その他