MINI THEATER MAP

ミニシアターマップ

本渡第一映劇(熊本県)

「本渡第一映劇」スタッフの思い出

昭和40年天草に初めての洋画専門館として立ち上がった本渡第一映劇は、平成元年に閉館しました。翌年、家庭の事情で帰郷した私は、大好きな映画館が天草からすべて無くなっていたことにショックを受け、仲間を集め貯金を叩いて映画館復活祭を開催し、その後、オーナーと賃貸契約を結び、現在まで上映を続けています。
一番の思い出は、映画館の運営を始めて映画祭で最初に来られた有名人がなんと‘高倉健さん’だったことです。上映中の「サンダカン八番娼館 望郷」を一番後ろの補助席で、数人のお客さんと一緒に、少しの時間ですが観ていただきました。マスコミ向けの会見で、ウチの印象を聞かれたとき、
『あんまり儲かってなさそうなところが良いですねー。』
と言われたのも嬉しい思い出です。
その後、「健さんが行ったなら自分も!」と言って来られた、伊集院静さん、千葉真一さん、宮沢りえさん。他にもたくさんの方々がこの映画館を訪れ、天草の人たちと交流される姿を見られたのはとても幸せな時間でした。
もう一つ、柄本明さん、さだまさしさん、泉谷しげるさんがお客さんとして映画を観に来ていただいたときは感激しました!

「本渡第一映劇」のココが一押し!

正直言ってあまり自慢できるところはありません。
自分が映画館を借りて今年が29年目、現在の建物は築49年になります。
中途半端の長さかもしれませんが、かつては天草に20館以上あったといわれる映画館の中で、本渡第一映劇は最も長く続いているというのがウリでしょうか・・・。
外観も中身も古ぼけた昭和の映画館です。
それと、ウチはデジタルシネマ(DCP)の作品は上映出来ません。
ブルーレイ(DVD)での上映と35㎜フィルム上映なのですが、九州でフィルム上映を続けている映画館は、ほぼ無くなっているので映画上映の原点であるフィルムでの上映を、これからも大切にしていきたいと思っています。
ちなみに、健さんと千葉さんの映画は毎年必ず上映しているので、フィルム上映を失くすわけにはいかないのです。
そういえば、先日、シネコンでしか映画を見たことがないという旅行中の大学生に、
『スゴイですね!生まれて初めて映画館というもの見ました!』
と言われ、ちょっと嬉しかったです。
これから、どこまで頑張れるか分かりませんが、この町に映画館が必要とされるなら、行けるところまで行きたいと思っています。
西の果ての小さな映画館ですが、皆様のご来場をお待ちしております。

  • 本渡第一映劇
  • 住所
    〒863-0022 熊本県天草市栄町5-23
  • 電話番号
    0969-23-1417
  • スクリーン数
    1
  • 席数
    110席
  • 営業時間
    1回目10:30~終映21:30頃 
    但し、日・祝は18:00頃
  • WEBサイト
  • その他