MINI THEATER MAP

ミニシアターマップ

HOME > ミニシアターマップ > 関東 > 東京都 > ラピュタ阿佐ヶ谷

ラピュタ阿佐ヶ谷(東京都)

「ラピュタ阿佐ヶ谷」スタッフの思い出

ラピュタ阿佐ヶ谷は旧作邦画専門のミニシアターです。オープン当初はアニメーション専門館としてスタートしましたが、同時期に東京の老舗名画座が相次いで閉館、行き場を失ったフィルムと観客の受け皿となるべく路線変更。映画史上の名作だけでなく「忘れさられていた、膨大なプログラムピクチャーの発掘と上映、その魅力を全力で伝える」をモットーに、監督や俳優、撮影所、ジャンル別など様々なテーマで特集上映を行っています。10年程前からは劇場が費用を負担してのニュープリント上映にも踏みだし『吹けよ春風』(1953年/谷口千吉)、『大番』(57年/千葉泰樹)、『広い天』(59年/野崎正郎)、『七つの弾丸』(59年/村山新治)、『警視庁物語 深夜便130列車』(60年/飯塚増一)、『しろばんば』(62年/滝沢英輔)、『人間に賭けるな』(64年/前田満州夫)、『OL日記 濡れた札束』(74年/加藤彰)、『北陸代理戦争』(77年/深作欣二)…その数は約90本にものぼります。

「ラピュタ阿佐ヶ谷」のココが一押し!

上映される作品のほぼすべてが35mmフィルム上映、16mmフィルム映写機も現役です。映写窓が大きく、中の様子を間近にみることができるので、フィルムのセットや映写機の清掃など、上映後珍しげに覗いていくお客様も多いです。1Fロビーでは特集上映の内容にあわせて、関連書籍や銀幕スタアのプロマイド販売も。壁には公開当時のポスターやプレスシート等資料の展示、ラジカセからは昭和歌謡……と雰囲気抜群。日本映画黄金時代のムードにどっぷり浸れる濃密空間です。 

  • ラピュタ阿佐ヶ谷
  • 住所
    〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-12-21
  • 電話番号
    03-3336-5440
  • スクリーン数
    1
  • 席数
    48席
  • 営業時間
    9:30〜最終回終了まで
  • WEBサイト
  • その他